母の絵作品

子育てや家業が一段落した55歳頃から油絵を描き始めました。 中央展に出展したり、ふるさとの展覧会に出展するなど、風景や人物などを描き続け、 85歳時、集大成となる画集「還暦からの筆のあと」を出版。86歳で個展を開催するなど、絵に対する情熱は衰えることがありません。 画集の中から母の絵をご紹介します。 母が歳を取り、絵の管理ができないので、絵の処分に取り掛かっています。母の絵を気に入って飾ってくださる方がいらっしゃれば母も絵も喜ぶことでしょう

石川安恵プロフィール